PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秘蔵

rainy night
-東三国-


念願だった「雨の比叡山」の撮影ができた。
雲の中を目指して何度か出かけたが、その度に天気予報は外れた。
自分の「晴れ男」ぐあいを恨んだ。

昼前後には日が射すほどに回復しかけて、今日はこれまでか、とも思われたが、次々と雲が湧き上がり、海の波を撮る以上の緊張も味わえた。
東塔と西塔の間に、最澄が眠る浄土院がある。
ここの前庭もお気に入りだが、その前後にある苔むす石段や森も美しい。
体力も尽きかけて東塔の駐車場へ戻りかけて振り返ると、浄土院に雲が押し寄せた。
撮り終わって思わず手を合わせた。
この写真は、当分、秘蔵である(^_^)



スポンサーサイト
[ 2009/10/01 02:01 ] 不思議 | TB(0) | CM(2)

想像力の貧困

視る
-東三国-


世界を具に見ようと欲しないのなら、写真を撮る必要はないだろう。
視ることに興味がないのなら、目を閉じればよい。
しっかりと目を閉じて、想像の世界に生きればよいのだから、安易に映像の力を借りない方がいい。
ある視聴覚系のイベントに参加しての印象。



[ 2007/06/03 03:56 ] 不思議 | TB(0) | CM(4)

いいこと

雨


サザビーズのオークションで、スタイケンの写真が290万ドル超!
エドワード・スタイケンと言われて、名前は分かるが、どんな写真か、まるで記憶にない。まあ、高いからいいとは限らないが…。
一時期、森山大道の『サン・ルゥへの手紙』に35,000円!の値がついてたのを思い出した。あまりいいことだとは、思えない。

[ 2006/02/17 02:36 ] 不思議 | TB(0) | CM(2)

Question

mirror


約半年ぶりに名古屋へ。
味噌カツというものも不思議だが、名古屋の地下鉄のドアの横には、なぜか鏡がある。
座席が空いていても、ドアの横に立つのが、習性になっているが、その鏡に自分の顔が映ったりしたら、どこかに隠れてしまいたくなる…。
京都や大阪の繁華街では、誰から買おうかと迷うほど、雑誌“Big Issue”を売っているおじさんおばさん達がいるが、名古屋では見かけたことがない。
濃尾平野がどれほど豊かであっても、この大都市で、失業やホームレスが無いはずはない、と思うのだが…。

[ 2006/01/17 03:41 ] 不思議 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。