PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストリート

eye witness


徹夜で疲れた頭には、カメラ雑誌の広告しか効きません。

今度はリコーから、これも、かねてからの期待・噂のデジタルカメラ「GR DIGITAL」が登場する。
フィルム版GRは、森山大道御用達のストリートスナップ・カメラだ。
今どき珍しい単焦点28mm/f2.4(35mm換算)のレンズとマグネシウムボディの800万画素で、DNGでの記録が可能とか。WEB上の画像では、素材感はよく分からないが、外付ファインダーやワイド・コンバーターの形状が、多くのマニアの指示を受けることは、ほぼ間違いないだろう。その上、将来のCCDの交換も検討中というから、もし、それが実現したら、デジカメ史を超えて、日本の産業史に残るほどの画期的なことだろう。食料から高級品まで、新製品しか売れないという「神話」をぶっ壊して欲しいとは思うが……。もう少し大きな撮像素子が入ったら、絶対欲しいと思うだろうな…。
EOS5DにせよGR DIGITALにせよ、「ハイアマチュア向け」という言葉が踊る。
なぜ、「プロ向け」ではないのだろう???
今月発売のカメラ雑誌上の記事をみても、「プロ」の先生方が口を揃えて「ハイアマチュア向け」という。どうも「違いが分かる男」のインスタントコーヒーと同じような、低俗な商業主義とプチ・ブル趣味に違和感を感じてしまうのは、私だけか?
とはいうものの、やっぱり新製品が欲しくなるのは、治らない。
スポンサーサイト
[ 2005/09/24 04:03 ] カメラ | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。