PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水平と垂直

水平と垂直
-ポートアイランド-


水平と垂直、白と黒。
カメラとレンズのテストには、もってこいの素材かも知れない…。

明日はここへ行く。
まったく違った風景になっているだろう。


スポンサーサイト
[ 2007/05/27 03:36 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

maystorm
-東三国-


5月の雨は激しい…。



[ 2007/05/26 04:16 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

記録7号

黒猫
-西三国-


一昨日、森山大道「記録7号」展を見る。
大型のシルクスクリーン作品5点と四切プリントが20点あまりの展示。
プリントの力とはこれほどのものか!と再び思う。
離れて見ても、フレームから飛び出てくる勢いがある。
当然、『記録7号』写真集も買ったが、まったく違うものの様に思えるほどの印画紙パワー。
僕自身は、たぶん、あの暗くて狭くて臭い暗室には戻らないだろうし、戻ろうとは思わないが、これに優るデジタルプリントが簡単に手に入るとも思えない。
帰りに、ヨドバシカメラまで足を伸ばして、「月光」青ラベルを買った。

★森山大道「記録7号」展
 会期:5月11日~5月27日
 場所:art project room ARTZONE
 京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44VOXビル
 時間:13:00~20:00

今ごろ、大道さんは木屋町あたりをスナップしているかも知れない。


[ 2007/05/24 15:31 ] 写真展 | TB(0) | CM(2)

公園

にゃあ
-東三国-


最近知り合いになった猫。
一生懸命にゃあにゃあ言いながら近寄ってきてくれるのだが
声が出ないらしい。



[ 2007/05/22 04:02 ] 日常 | TB(0) | CM(1)

改宗

わんこ
-江坂-


たまには犬の写真。
母親から「猫よりアホやな!」と育てられた僕は、元々は犬派。
猫派に改宗したのは、いま同棲中のネコとの出逢いから。
たいていの人間は、猫よりアホであることを知った。


[ 2007/05/21 01:18 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

久々

見る
-吹田-


政治関連にも立て籠り事件のニュースにもうんざり。
15日、久々に2時間あまり、写真を撮り歩いた。
あるノラ猫家族の中で、一番好きだった猫が死んだことを知る。
子猫が一匹、増えていた。



[ 2007/05/20 04:18 ] 日常 | TB(0) | CM(1)

普通の国

shutter
-本庄/北区-


この国では、高邁な理想のことを
「古い」とか「現実的でない」などと言い掛かりをつけて、
踏みつけ、ないがしろにすることが「正義」らしい。
そこで「教育」される愛国心とは、はたしてどんなものか…。
宇宙人ジョーンズ氏も、そろそろ気付いているかも知れない。


[ 2007/05/17 02:47 ] 恐怖 | TB(0) | CM(0)

暗澹

暗い未来
-摂津付近/大阪モノレールより-


とうとう国民投票法案が国会に提出される。
暗澹たる気分。
ダマサレルナ!



[ 2007/05/11 01:38 ] 恐怖 | TB(0) | CM(4)

落ちる、落ちる

京都
-平野/京都-


JPEG微修正かRAWデータからの書き出しかで迷った仕事、
4日間の連休だからと思って、何となくRAW現像を始めて、300カットで丸々2日かかり、Photoshop処理で丸1日、ハードディスク環境の入れ替えも含めて、かなりハードな4連休になってしまったが、積み残しが出なかった分、リスタートは、楽、か…。

この間、気になったことは、新しいバージョンになったキャノンのDPP。
ウチの古い環境での処理速度の向上には目を見張ったのだが、不安定でどうしようもない。パラメーターの設定だけ済まして作業を続けていると、落ちる、落ちる、落ちる。
以前のバージョンでも、サムネールの表示色が不安定な問題は起きていたが、設定項目が簡素なDPPでのバッチ処理は、能率的だと思って使ってきたが、これほど不安定になると、まるで新しいアプリを試しているかのように非効率だ。
何度か書いた通り、それぞれのソフトに一長一短はあるが、不安定なのが一番困る。


[ 2007/05/07 20:30 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

見続ける涯

凝視
-西山パークウェイ-


「今、ぼくらは再び出発点にもどらなければならない。それがはたしてどのような形になるか、明確にしゃべることはできない。だがそれは恐らく木が木であることを明らかにした上で、ここに、今、他ならぬ私が立ちあうことによってもたらされる木という言葉の振幅を広げるものでなければならないだろう。
だがそれがどこまでできるかはまたしても試される番だ。」
---写真は言葉を挑発しえたか/1970.3 写真同人誌『プロヴォーク』
   晶文社刊『なぜ植物図鑑か』所収

法外といえば、中平卓馬関連の著作についてもとんでもない価格が付いている。
それらの価値に付けられたものとは思えない、バブル期の土地や絵画と同じような病気、或いは、狂気。

オシリスより発行された『見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977』(中平卓馬)は、500ページを超え3,500円もするが、想定内の価格で入手できる最後かも知れないし、何よりも、文化を食い散らす狂気から開放される思想に出会えるかも知れない。


[ 2007/05/01 04:03 ] 歴史 | TB(0) | CM(3)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。