PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ISO6桁

影
-東三国-


ISO6桁!!!のデジタルカメラがニコン、キャノンから相次いで発表された。
2社がほぼ同時に発表ということは、いよいよこの技術が完成の域に達したということだろう。
実用としてはやはり5桁であるにせよ、EOS5Dmark2の6400の画質を超えることは間違いないだろう。街灯の明かりで250以上のシャッター速度なら…、何ができる?
大学生の頃、Tri-Xを液温30℃超で12800相当まで増感した時のことを思い出した。
20分以上もこんな液温に浸しておくと、ちょっと乱暴に撹拌すればフィルムの膜面が剥がれ、金魚すくい以上に慎重にしないと、引き伸し機にはかけられない。
これは、あまり実用的とは思えなかったが、思いもしない効果が得られることもあるし、写らなかったものが写ることもある。
微粒子と粗粒子、濃いネガと薄いネガ、それぞれに「表現」がある。
写真は、物理学であり化学であった。デジタル化で化学の部分は物理学に置き換えられたけれど、その進歩が限界を取り除き、表現を広げてくれる。
高感度化、高画素化を非難、躊躇する向きもあるだろうけれど、可能性の拡張として素直に喜びたい。



スポンサーサイト
[ 2009/10/24 02:34 ] 歴史 | TB(0) | CM(2)

エキスパート

延暦寺0909
-延暦寺-


せっかくだから、雨写真のエキスパートを目指そうか?
などと、半ば本気で考える。
自分の中で、違った価値観が生まれてきているような…



[ 2009/10/05 21:18 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

秘蔵

rainy night
-東三国-


念願だった「雨の比叡山」の撮影ができた。
雲の中を目指して何度か出かけたが、その度に天気予報は外れた。
自分の「晴れ男」ぐあいを恨んだ。

昼前後には日が射すほどに回復しかけて、今日はこれまでか、とも思われたが、次々と雲が湧き上がり、海の波を撮る以上の緊張も味わえた。
東塔と西塔の間に、最澄が眠る浄土院がある。
ここの前庭もお気に入りだが、その前後にある苔むす石段や森も美しい。
体力も尽きかけて東塔の駐車場へ戻りかけて振り返ると、浄土院に雲が押し寄せた。
撮り終わって思わず手を合わせた。
この写真は、当分、秘蔵である(^_^)



[ 2009/10/01 02:01 ] 不思議 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。