PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

On the road

三角
-東三国-


森山大道“ON THE ROAD”。
中之島の国際美術館で開催中の関西では初の大回顧展。
過去に発行された10冊の写真集、および、雑誌に発表された主な作品が羅列されるが、サイズや印画紙がばらばらで、寄せ集めの感がなくもない、が。
圧巻は、冒頭の新宿?の大判カラー。100点近くあるだろうか。
縦横にびっしり張り詰められているので、一点一点を仔細に鑑賞するわけにはいかないが、そのボリュームに圧倒される。これだけでも一見の価値はあるだろう。
先に心斎橋SIXで開かれていた中平卓馬『キリカエ』への森山からの返信のようにも見える。
結局、40年近く、僕はこの二人を追いかけたり憧れたりで、未だに己の写真を見つけられないでいる。


スポンサーサイト
[ 2011/07/21 15:13 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

過程

竹中労


寺島珠雄の命日である7月22日に合わせるかのように、30日、河出書房新社から「道の手帖」シリーズの一冊として『竹中労-没後20年・反骨のルポライター』が発行される。
小沢信夫、井家上隆幸等々の文章に混じって、寺島珠雄「美的浮浪者の過程」を収録。
過程に奮迅せよ!


[ 2011/07/16 03:26 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

利便

定位置
-吹田-


数日前から持ち歩きのEOS7Dのレンズを替えた。
EF-S15-85からEF24-105f4Lへ。
広角を犠牲にしてちょっと長目、全域F4が夕暮れの野良猫には有利に思えるからだ。猫たちが居る場所は、日が暮れると暗過ぎて、オートフォーカスには頼れない。単焦点の古い85mmも持ち出してみたが、この暗さの中ではf1.8のわりに使いにくかった。ズームレンズの利便性に慣れてしまって、中平のように単焦点1本とはいかないのが、ある意味、情けなくもあるのだけれど…。
結局、空の一部の切り取り易さもあって24-105に落ち着いた。広角はしばらく諦めよう。汗にまみれてのレンズ交換は、あまりしたくないしね。


[ 2011/07/13 03:46 ] | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。