PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お手数おかけします

back light
−岸和田−


レンタルサーバーが今月末で契約期限。
.jpのドメインもここで管理してもらっていたが、年間7,000円超って、高過ぎません?
ここにしかなかった機能があって、数年間使ってきたが、他の無料サービスの方が都合が良いことも多々あり、より安いサーバーに乗り換えた。
こっちの方が転送速度が速いような気がする。
10年ほど使ってきたドメインを廃止するのは、少しもったいないような気もするが、新たに.comを取得すれば安上がりだし、大事なのはサイトのコンテンツの充実だろうし(これが難題だけど)、これを死ぬまで使い続けるなら、変更はこれが最後ということで。

メールで御世話になっている皆様方にお手数をおかけすることになるのは心苦しいですが、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
[ 2013/01/21 02:38 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

引っ越し

経費節減や機能見直しで、レンタルサーバーを移転しました。次いで?にドメインも.jpから.comに変更です。メールアドレスの末尾が.comになりました。ホームページは、
http://empty86.com/
になりました。
書き換え、変更、よろしくお願いいたします。
[ 2013/01/19 16:58 ] News | TB(0) | CM(2)

巨星墜つ

L'hommage T


東松照明 死去。

PROVOKEに先立つこと10年。奈良原一高、細江英公と立ち上げたVIVOの写真が好きだ。
主義主張や共通のテーマは勿論、共同作業などもなかったらしいが、VIVOの存在がなかったら、おそらくPROVOKEも始まらなかったに違いない。何より、中平卓馬を写真の世界に引きずり込んだ人としても重要だ。
「写真家としてのぼくは、間違いなく東松氏から始まっているのである」と、森山大道が言ったように、日本の現代写真は、東松照明なしでは成立しない。まさに、巨星であった。
強靭な思考と執拗なカメラワーク、時に実験的な表現に多少演出過多な感じを受け、しばしば呼吸が苦しくなるので、座右の書とはならないにしても、『<11:02>NAGASAKI』や『太陽の鉛筆』は、いつも身近に置いておきたい。

合掌



[ 2013/01/09 03:45 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

大戸開神事

西本宮
−日吉大社西本宮−


元旦午前5時、すべての灯りが消され、社務所前辺りから松明に先導されて神事は始まる。
本殿(国宝)の扉が開け放たれ、祝詞奏上に続いて能(「翁」)、謡曲(「四海波」)が奉納される。
西本宮から東本宮へ、夜明け前1時間半ほどの歴史的神秘的な時空が現れる。



ちょっと説明的な写真ですが、この拝殿も国の重要文化財。右手奥が国宝の本殿。
暗いので特徴は判りませんが、日吉造、或いは、聖帝造といわれ、ここにしかない形。


[ 2013/01/03 02:14 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます

2013nenga


元旦早朝は例によって、坂本の日吉大社大戸開神事撮影へ。
大山咋神は東本宮の修復工事のため樹下宮へ遷座され、いつもとは違う写真が撮れるかも???
というわけで、オートフォーカスが動作してくれない暗さの中、ISO5000〜6400で手持ち8分の1を多用する荒っぽい撮影で、今年も年が明けた。
今年こそ、不況が乗り越えられますように

本年もよろしくお願い申し上げます。



[ 2013/01/02 00:46 ] 日常 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。