PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドビュッシー

高島沖



山岡先生の訃報を聞いてから毎日、ドビュッシーを聞いている。
牧神〜映像〜海etc.。

以前はもっぱらブラームスやモーツァルトというドイツ音楽に傾倒されており、殊に、モーツァルトのバイオリン協奏曲が大のお気に入り。御自身の個展のタイトル「Concert in blue」も、モーツァルトにインスパイアーされたものだ。

それが、3年ほど前から突然、フランスに行きたい、などと言われ始め、冗談だと思っていたのだが、ここ1年ほどは、「芸術はフランスや!」と何度も聞かされた。

ドビュッシーやフォーレに魅了され、アンセル・アダムズが、アジェやブレッソンに変わった。
もう少し早ければ、ディアドルフとライカ(ドイツですが、あくまで、ブレッソンのライカ)の交響的映像を見せて頂けたかも知れない。ただ、若い頃はライカにだけは興味がなかったそうだ。

因に、奈良原一高の『消滅した時間』は、最期まで、いの一番のお気に入りだった。



スポンサーサイト
[ 2013/11/27 01:56 ] 追悼 | TB(0) | CM(0)

まだまだやなぁ

湖北
一緒に行った最初で最後の湖北撮影行/2011.4


17日朝、山岡俊二先生が永眠されました。
まるで、個展の終了を見届けるかのように。
初めてスタジオUVにお伺いしてから30数年間、堪え難い痛みの病床でさえも、ずっと写真のことだけを考えてこられたように思います。

商業写真、スタジオ・ライティングにおいては、恩師。
傲慢と言われるかも知れませんが、作品制作においては、ライバルと考えていたかも知れません。
フォトショップの使い方、RAW現像のやり方、インクジェットプリントの研究、その総てが、最後まで「デジタルは、あかん」と言い続けられる先生に対するライバル心、意地であったように思います。
デジタルも写真であることを何とか認めてほしいがために、手を替え品を替え、何度もプリントを見せに行きました。
85点ぐらいはもらえたように思っていましたが、8×10を見せられると、「まだまだやなぁ」と言われているようです。

商業写真も風景写真も、アレブレでも前衛でもないけれど、僕は、山岡俊二の写真が好きだ。


[ 2013/11/18 10:37 ] 追悼 | TB(0) | CM(0)

ありがとうございました

anti-



山岡俊二写真展−ディアドルフ8×10で見た世界−
お陰様をもちまして、好評のうちに無事終了しました。
御来場、ありがとうございましたm(_ _)m

お手軽にそこそこ高画質な写真が得られるようになった時代に、「写真の力」を再認識、再考の契機になればと思います。

かく言う私自身、絵柄やモチーフやデジvs.アナはさておき、写真の本質とは?見る−見えることとは?などなど、再考を迫られてしまっています。
来年2月の「第2弾」の際、1つの解答を持って、また対決したいと思います。

[ 2013/11/16 03:08 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)

量質転化

I have a dream


世間はポール・マッカトニーで盛り上がってるようですが、私たちは山岡俊二です(笑

8×10フィルムの圧倒的な情報量は、所謂、感性とか方法論などというものを置き去りにして、写真の本質はココニアル、と言われているように思えます。

急ごしらえのRCペーパーによる半切プリント25点ですが、それでも十分に「情報力」といってもいい情報量は、量は質に転化する、という言葉を裏付けます。

日頃、あまり目にする機会もないと思いますので、是非、目にして頂きたいと思います。

参考に、フィルム原判と密着プリントも1点、展示しております。
15日(金曜日)17時まで

8 by 10

[ 2013/11/10 19:43 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)

始まりました!

Are you fine?


山岡俊二写真展−ディアドルフ8×10で見た世界−

始まりました!

8×10フィルムから半切に伸ばしたモノクロプリント。
京都・滋賀北部の風景からスタジオワークまで、20余点を展示します。
残念ながら、今回はオリジナル印画紙プリントにはなりませんが、大判フィルムの緻密な描写は、デジタルプリントでも十分堪能して頂けるでしょう。

ディアドルフ8×10で見た世界

会期:11月9日(土)〜15日(金)
時間:午前11時〜午後6時(最終日午後5時)
場所:ラボ京都4Fギャラリー
  (烏丸通仏光寺西入、四条烏丸駅徒歩2〜3分)

私−武内は、9日(土)午後、11日(月)夕方、ギャラリーにおります。
ちょっとぐらいは「解説」できますので、よろしくお願い申し上げます。

[ 2013/11/09 01:35 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。