PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

万能

5Ds+2470L4



2本目は、EF24-70mm F4L IS USM。
実は今、このレンズが1番気に入っているかもしれない。

長い間、EF24-105 F4Lをメインのレンズとして使ってきた。
24mm時の歪みや105mm時の甘さ、逆光苦手に目をつぶって、これ1本でも何とかなる!?ような便利なレンズだ。
前述のキヤノンのM氏曰く、
「あれは、5Dsでは使えないよ」と言っていたのが耳に残ってはいたが、105mmまであることが重要でもあった。レンズ交換の時間がないことが、ままある。
EF24-70mm F4Lは、マクロ機構があるとは言え、70mmまでしかないことや、いまいち評価が低いことがネックだった。

が、実際に撮ってみると、隅まで使える24mm、カリカリではない好ましい描写。十分に解像しながらも、空気感まで捉えてくれる稀有なズームレンズではないか。人、料理、建築、それぞれをそれぞれに表現できる、いい意味での万能レンズである。シグマのArtラインとは対極の方向やね。
ズームレンズもここまで来た。

早々に人気レンズEF24-105 F4L売り払ってしまいました。
まぁ、100mmが必要なら、これも気に入りの1本、EF100mm F2.8L Macroがあるし。



スポンサーサイト
[ 2015/10/13 02:30 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

ストレート

EF40STM-t1



政治のことを考えていても厭世的になるばかりなので…
最近のお気に入りレンズのことなど、を考えることにしよう。

まずは、EF40mm F2.8STM
すでに多くの人が使い倒しているパンケーキレンズ。
仕事用のバッテリーグリップ付きのEOS 5D mark2に着けると、ちょっと滑稽なぐらいの顔になるので敬遠していたのだが、5Dsが来たので、バッテリーグリップを外してこのレンズを着けると、それほど変顔ではない。それに、何と言っても軽い!もう、ミラーレスなんかいらない!

キヤノンのM氏が、
「最近、プロがみんな使ってるよ」と言っていたが、ほんとに良く写るレンズだ。
歪みとか解像力云々より、とにかく平面性が高く、素直に見たままを捉えているように見える。ブラウザーで順に見ていると、他のレンズで撮った似たような画角の写真が、このレンズの写真に変わった瞬間、眼と脳がスッキリするような感覚がある。少し線が太いような感じがしないでもないが、このストレートな感じは得難い。

長い間、便利なズームレンズに馴らされていた眼に、背筋が伸びるような、そんな爽快感のあるレンズだと思う。
その上、安いから超オススメです。


[ 2015/10/11 04:30 ] カメラ | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。