PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の長雨

Puddle


憲法前文に「愛国心」を明記する草案。
国家が国民を守るのはなくて、国民が国家を守れ、と。
天皇、愛国心、自衛軍etc.、
まるで、欽定憲法じゃないか…。
天気も悪いが、気分はさらに悪い。
[ 2005/10/07 19:51 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

矛盾

天皇、愛国心を強調する連中は、孝明天皇が苦しみながら亡くなったことに平気です。
孝明天皇だけでなく室町時代、江戸時代の天皇を明治政府の後継者たちは嫌います。
元老、軍閥、関東軍を知らない連中が現代史を知ったかぶりしているこの頃です。
[ 2005/10/07 20:56 ] [ 編集 ]

憲法は飾りじゃない

 うっす、今日も暑いわ、こちらも・・。元気っすか?!こちらでは初めてのコメントになります。(^^♪
 憲法は飾りではなく、法律の王様でもない。国家の政治家を含めた「公務員」を規制するものである。的確にいえば、国家権力を規制するものであり、また、近代の国民が権力側に権力の運用方法を示し与えたものである。これが近代国家の存立根拠。
 憲法を今の政治家が守る意思があるのだろうか?!ちと疑問。いやかなり疑問。
[ 2005/10/09 20:38 ] [ 編集 ]

大いに疑問

名も無き庶民が流した血と涙、落とした命を気にかける権力者がどれほどいたでしょう???

本来「国家権力を規制するもの」であるはずの憲法を、「支配のシンボル」にしようとしている荒唐無稽。
選挙カーの中で薬やってる輩がいるぐらいなので、もう、驚いたりはしませんけど…。
[ 2005/10/09 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/18-f158133b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。