PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名誉棄損

いったん上がった雨、今にも降りそうな空なので、Caplio GXを持って出た。
銀行ATMからの帰り道、自転車で一列横隊、道幅一杯に広がった4人の女の子たちとすれちがった。
しばらくして、後方から「すいません」の声。
振り返ると、「今、わたしたちの写真を撮りませんでしたか?」
「撮ってないよ」と応えると、元来た道を引き返した。
その十分後ぐらいか、その子たちと、またすれちがったらしい。数分後、後ろから大人の男の声で「すいません」の連呼。
その子たちの学校の教師だという男が4人。取り囲まれた。一番年配の初老の男は、まるで現行犯を見る目、言葉遣い。一緒に警察まで来いという。所用が済んだら交番まで行くと応えると、付いて歩きながら110番通報、パトカーまで来て、駅前のパチンコ屋の角(隣が銀行のATMコーナー)で取り調べを受けた。
かっこわるーうッ!
カメラの中味、財布の中味、いつも着ているベストの全ポケット、所持品、身体検査。
「靴も脱ぎますか?」と尋ねると、「それはいいです」。
別の警官が数十メートル離れたところで、少女たちの言い分を訊いている。
曰く、「4人の真ん中を割って入いってきて、擦れ違いざまに写真を撮られ、そのあと、別のカメラを取り出して、その辺りの写真を撮っていた」そうな。
「シャッター音が聞こえた」らしい?!Caplio GXの???
僕は、一列横隊の自転車群を発見して、道路の左端を歩いていた。目が合ったということもないと思う。小学生か中学生かの区別さえつかない。
教師・警官が言うには、最近、携帯やカード型カメラで「写真を撮られる被害」が頻発している、とのこと。
僕の携帯は旧型で、カメラなんか付いてないですよー!
「カメラを持ってる時は、注意してほしい。」
「許可なく写真を撮られて喜ぶ人がどこにいますか。」
と、婦人警官の一人。
エッ、カメラの視界を横切る時に、こっちを向いてVサインを出してニコニコする人もたくさんいますよっ!とは、言わないことにした。
「嫌な世の中ですね…」、年配の警官に呟いた。
こんなことで、1時間以上も潰された。

わざわざ出動してくれた警察官や、集団ヒステリー?被害妄想?自意識過剰?嘘吐きの少女たちに敢えて言うことはないが、ひとを現行犯扱いし、晒し者にして、疑いが晴れたところで、誰一人として、謝りにも来ない教師たちって、一体全体、どういう思想・信条・常識・道徳・人間性でもって教育者たりえているのだろう!?!?低俗な写真ばかり集めて売買してるのって、あんたたちの同僚じゃないんですか!!!こんな学校に大切な子供たちをあずけていて、大丈夫なのか!?
それから、名誉棄損で訴えてもいいんじゃないかと思う。

カメラを持って歩いている方々、十分、気をつけましょう!


ごっつあん
-十三-

ご飯をあげていたおじさんとのツーショットを、と声をかけたのですが、おじさんは、お家の中へ。


[ 2006/05/27 00:58 ] 恐怖 | TB(0) | CM(15)

おお、実は自分も某所で通報されて警備員に取り囲まれた上、執拗に尋問されたことがあります!(笑
なので、お気持ち十二分にお察しいたします。

まあ、そんなこんなも全てひっくるめて面白がってますけど♪
[ 2006/05/27 10:05 ] [ 編集 ]

大変でしたね

こんにちは。大変でしたね。

スナップ1枚、撮れない世の中なのでしょうか。

それにしても、謝りにこないのは許せないですね。
[ 2006/05/27 11:07 ] [ 編集 ]

はじめまして、こんにちは。
実に嫌な思いを・・。まいりますよね。

僕も、カフェで自分のテーブルの自分の煙草の煙を撮っただけで、
そこの店長に長々と文句を言われました。
カメラ持ってるだけで警戒される。

しかし・・、それだけのことをしといて、きちんと謝罪にも来ないなんて、許し難いですね。

[ 2006/05/27 14:35 ] [ 編集 ]

変な世の中

時にこのようなアクシデントがあってもおかしくない世界。誰が作り出したのだろう?
生きた写真を撮るうえで、このようなリスク・覚悟は必要なのだろう!!盗る?捕る?、見えない敵をつくり、偏った思想にながれる人々。
やしま犬さんも、ばかばかしい思いをしたのでしょうね。私はEMTAKE氏とは、商業写真等をよくとってもらう。BLOGの写真に驚かされることもある。撮り続けるEMTAKE氏は、息をしているのと同じにみえる。そう!!世間は息をとめたいのだ!!ばかばかしい!!教師の立場、警察の立場もわかる。本当にばかばかしい。
さらなる作品を期待するのみ!!
[ 2006/05/27 23:01 ] [ 編集 ]

>やしま犬さん

警備員や警察官は、いいんですよ。
彼等は彼等の「職業上」の立場があるんだろうから、それぞれの立場で擦り合わせられる部分もあるわけでね。そういうのは何度か、体験しています。
問題は、今回の教師どもや、蓮井さんのコメントにある店長とかが、「正義の味方」然として、自らに権力があるかのように振る舞うことだと思うんですわ。
よほど脳と品の悪い、ちんぴらヤクザと同じです。上等のヤクザは、そんな筋の通らないことは、しません。

>hirotopapa さん

ほんとに、物騒な世の中です。
監視カメラは平気なのに、「写真を撮られる被害」が急増してる(警察談)そうで…。
その場で一言、「すみませんでした」と言えば、こちらもすんなり済ませられるのですがね。

>蓮井さん

はじめまして
コメント、ありがとうございます。
たぶん、「紛らわしいことはやめろ!」とか何とか、言われたのでしょう?
客の品位、店の品位を自ら貶めているようなことなのに、それを「正義」だと信じている人たちがいます。

>寺沢さん

意味不明な励まし、ありがとう(^^
「見えない敵をつくり」出すことで、幻想の権力を維持しようと躍起なのでしょう。国家も、その「前衛的国民」等も。
「テロと戦う社会」が、自ずと「テロリスト化」するのは、論理的必然ですが、誰も望まなかった社会を作って、一体どうするのでしょうか???
[ 2006/05/28 03:02 ] [ 編集 ]

大変な目に合われましたね。
全く、個人と家庭、社会の関係がこれほどまでに難しいというか、ばかばかしくなってしまって。。。
教育者として、子どもたちに対して非常に重要な教育をする、大切な場面だったはず。何をやっていたのでしょうか教師は。警察官気取り??
紳士的な対応をしたこちらが、嫌な気持ちにならなければいけないなんて、本当に腹が立ちますね。
[ 2006/05/28 08:41 ] [ 編集 ]

疑心暗鬼、ほんとに困った世の中です。
教師たちは「教育」を忘れて、「正義の味方」にでもなってるんでしょう。警察官にもありがちな思い違いです。
[ 2006/05/28 20:57 ] [ 編集 ]

驚いたぁ~

こんばんわぁ。 記事に釘付け…
北から心斎橋付近まで、ストリートスナップよく撮るけど。
まだ、一度もないです。
みなさん、Vサインなんか出しちゃってます。

警備員や警察官は職務上致し方ないと思うけど、その教師と女子達はゆるせん!!
で、誤りもしない?! もっと、ゆるせん!!
[ 2006/05/28 23:32 ] [ 編集 ]

>みなさん、Vサインなんか出しちゃってます。

でしょ♪
僕もこんなことは初めてです。
森山大道もウィリアム・クラインも木村伊兵衛も、もう写真は撮れませんよね…。
[ 2006/05/29 05:37 ] [ 編集 ]

怖~い!!

ひどいはなしですねー。
スカートの中を撮ろうとする輩、撮られるような極端に短いスカートを履いた少女。
かっては存在しなかった人達で街はあふれている。
「そんな事する訳ないだろう」と一概に云えない社会になってしまった。
変わっている現実社会をリアルに認識せねば何処でひどい目に遭うか解らない。
それにしてもそんなバカガキを育てる教師が校外で何様のつもりでしょう、やっぱり教育問題は問題教師から直さなくては解決出来ません。
[ 2006/06/01 11:15 ] [ 編集 ]

古き良き時代

>森山大道もウィリアム・クラインも木村伊兵衛も、もう写真は撮れませんよね…。

ロバート・キャパも、ですね。
彼が「ここは写真天国だ☆」と感動した日本は、一体どこへ行ってしまったんでしょうか。。。。
[ 2006/06/01 14:14 ] [ 編集 ]

>akiさん

凶悪事件を背景に、学校という場所がますます閉鎖された「社会」になるのは、いたしかたなし、と言えるのかも知れません。が、教師にそういう認識がなければ、父兄も子供たちも、あらぬことばかり考えるようになるのでしょう。
何といっても、彼等は「お手本」なのですから。

>ishinohidekazuさん

昨日今日と、シャッターを切るのを待ってもらったり、車道にはみ出してもらったり、「一般市民」は、理解のあるいい人であふれていました♪
3年ほど前に取材で行った島原では、皆さん、挨拶をしてくれました。
「狂った日本はごく一部」と、思いたいです。
[ 2006/06/01 20:09 ] [ 編集 ]

必撮、勤め人さんの記事から遊びに来たら、面白い事件、思わずコメントするね!

ピーピング癖のある僕はフイルム時代は良く、フイルムを抜き取られる経験をして育った。ニューヨークの暗がりでもシンガポールのインド人街でもね。空港では拉致された事も多いが、カメラを持った以上疑う人には疑われたって僕は良いと思っている。突然の射殺もあり得る。僕らだってかってに写殺しているんだしね。いまでもそれは続けているが、振り返ると良い写真が残った。ジャーナリストなら誰しもが経験しているんだろうなこんな些細な出来事。僕のブログのリンク先にはカメラが元で勾留経験を持つ人が少なくない。戦争に置き換えてみて欲しい!訴える人も、それをいかる人も平和ボケじゃないかな?

なんて写真の日の俺は思うよ!

骨の有るブログなので明日も遊びに来ます。宜しく!
[ 2006/06/02 00:25 ] [ 編集 ]

住宅街の家族の空き地を撮影してたら通報されて、警官が5人くらい来ました。
その近辺の人のいない公園の遊具なども写してたので、怪しかったんでしょう。
駅構内ではラッシュ時の後姿を写してたら職員に注意されました。
中心街などで撮影してると苦情言われないかとか、絡まれたりしないかと不安になることあります。
風景や花など写してれば無難でいいのですが
そういうところばかりもいけないです。
売れないカメラマンなんでこまったもんです。
[ 2006/06/02 01:53 ] [ 編集 ]

>yodaさんへ

平和ボケ!?
確かにそうかも知れませんし、僕も使ったことがある言葉です。
が、戦争ボケより百倍マシでしょ。
ヤクザにフィルムを抜かれたこともあれば、カメラの裏ぶたを開けられたこともあります。新聞記者に殴られたこともあります。拘留経験は勲章ではないし、戦争に置き換える必要も感じません。サロンに甘んじる気は毛頭ありませんが、従軍カメラマンには、さらになりたくないと思っています。
ジャーナリストであろうと教師であろうと政治家であろうと、下らない正義を振りかざすのはやめてほしいと思うだけです。

これからもよろしく、です。

>zxさんへ

「売れないカメラマン」なんで、僕も困っています(^^;
「何を撮ってるんですか?」と尋ねられて、「ゴミ集めしてます」と応えるのもしばしばです。
キレイなものだけなら、絵を描いた方がいいと思っていますから。
[ 2006/06/02 03:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/192-1780f387





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。