PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冤罪

昨日の事件が頭から離れない。
とりわけ、あの教師たちの最初から最後までの態度、言動。
「謝って済むなら、警察は要らない」と言われるが、警察が潔白を保証した市民に、謝罪はおろか、挨拶もなし。
人通りの多い駅前で、警察官に取り囲まれ、小一時間かけて身体検査まで受けた侮辱と苦痛、いったい誰が責任をとるのか?
今日は取材だったので、カメラバッグと三脚を担いで出かけたが、「近所」を歩くのが恐ろしい…。天王寺で地下鉄を降りるまで、カメラを出すことはなかった。

感謝や謝罪をしないのは、この国の権力者の常とは言え、それのないところでの、道徳心や愛国心とは、いったい何を指す?
そして、公立校の教師は、いつから権力者になったのだ?帝国時代への復古か?

仮に僕が、あまり日本語が得意ではないアジア系の住民であったとしたら、あの場でどんなことになっていたか?公衆の面前で下着まで剥ぎ取られていたかも知れない。
110番に通報してくれて、すぐに警官が来てくれたのは、不幸中の幸いで、あんな教師どもに、体育館の裏へでも連れ込まれたら、話をする余地も無く、「冤罪」のまま、嬲り殺されても、誰も助けてはくれないだろう。
お~、怖ッ!

そこかしこに美しい花を咲かせているご近所さんに、撮った写真をプリントしてあげるのもいいかな、などと考えていた矢先、こういうことが起こると、その中に、あの嘘吐き娘たちの親や親戚がいるかと思うと、とてもそんな気分にはなれないし、この辺りの小中学生の女の子を見る度に、恐怖と怒りの念を抱いてしまう。阪神大震災後と同じように、身体が反応してしまう…。
ほとんど住民は、「教師」であるというだけで、彼等を尊敬したりもしているのだ。
が、僕から見れば、テロリスト集団!それも、自分たちは安全なところにいる、卑怯者としての、だ。
数少ない挨拶をしてくれる子たちと、さらに少ないだろう嘘吐きの子供たち。今、僕の中では、圧倒的に後者が多い。

近所写真を撮り始めて3年ほど。
ここに住んで20年。
あの子らが生まれる前、おそらくは、あの教師たちが赴任してくる前から、僕はここで暮らしている。


zebra
-阿倍野-

[ 2006/05/28 01:53 ] 恐怖 | TB(0) | CM(5)

マジですか・・・訴えてやればよかったじゃないですか。
実は私も嫌なことがあって以来人にカメラを向けられません。
トラウマになっちゃった・・・アハハ
そうならないように、積極的に行った方がいいですよ。
[ 2006/05/28 07:51 ] [ 編集 ]

災難でしたね。一度思ひ込まれると事実はふきとんでしまふやうで。
今は非常に過敏になつてゐます。特に学校では。実際怪しいカメラマンも多いわけで、なかなか抵抗するのも難しい。
もはや知らない子供、若い女性の前で、カメラは見せるものではない。ほとんど刃物の扱ひと同じです。(逆に4x5でも担いでゐればいいかもしれません)
[ 2006/05/28 20:34 ] [ 編集 ]

>屋根の猫さん

警官にも、僕が「被害者」であるという認識がまるでないですね。カメラを手に持ってたのが、全面的に悪いそうです。
僕もトラウマになっちゃいましたよ。
まだ、東三国を出ると平気なようなので、東三国症候群ってとこですが(^^;

>SihoHigariさん

事実の解明なんて、だれも興味がなくて、犯人探しだけが重要なんでしょう。
「犯人」をいくら捕まえても、犯罪がなくならないのは、歴史が証明してますが、人類が滅びても、こういう愚昧から逃れられないのでしょう。
[ 2006/05/28 21:06 ] [ 編集 ]

腹立つ、というか。

許せない話で、びっくりでした。
もしその学校に謝罪を要求するのなら、できれば、声をかけてください。
うやむやにしたくないですね。
[ 2006/05/28 23:50 ] [ 編集 ]

うやむやにはしたくないけど、謝罪を求めるほどヒマじゃない、って感じかな…。
僕、けっこう、復讐したくなるほうなんで(^^)
[ 2006/05/29 05:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/193-5a4c82c2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。