PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西三国

fence


サッカーの本質は、フィジカルの強さであったりボールコントロールの巧みさであったり、キック力であったりするが、各国、各チームのサッカーを連続的に観ていると、国柄や民族性とは別の、思想が見えてくる。その上で現象するスタイルが、サッカーの質を決定づけているのだと思う。勝ち負けとは別に。
写真の場合もよく似たところがあって、本質は、何を撮ったかであり、構図や仕上げの美しさであったり、珍しいものを撮って見せるのが一番であったりするのだが、画面、或いは、プリント上の被写体の向うに、被写体の持つ意味とは別の思想が見えてくる。何を表現したいか、ということではなく、「私」がどう存在しているか、というスタンスが見えてくる。
付け焼き刃やこれ見よがしは通用しない。撮る側の在り方が、常に問われている。
ボールを蹴るのは簡単だ。シャッターを切るのも簡単だし、ネットに上げるのはさらに簡単だ。
見ること+生きること=写真。
問い続け、問われ続け、いったいどこに行き着くのだろう。


[ 2006/07/07 21:02 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

私のブラウザーのお気に入りにはさまざまな写真ブログのURLが納められています。
アマチュアもプロも玉石混合です、色んな次元でみんなシャッターをきっています。
こんなにいっぱいあっていいのかと言うくらいの写真です。今、思うのはこの量のこと、人類の歴史上こんなにたくさん写真が撮られた時はなかったはずで、それがどう展開してゆくのか見極めたい。
[ 2006/07/07 21:32 ] [ 編集 ]

>「私」がどう存在しているか、というスタンスが見えてくる

眼から鱗のお言葉です^^
カメラをさげて街をふらついていると不意に、「俺はいったい何をしてるのか」という思いで呆然となる時がありますが。
特に、思うように撮れないときなどは(笑
[ 2006/07/08 13:55 ] [ 編集 ]

>akiさん

量が質に転化する時がきっと来るんだと思います。デジタルだけで育った人たちの中から、新しい写真が出てくることを期待していますが…。

>やしま犬さん

思うように撮れてしまったら、写真を撮ることの意味がなくなってしまいますよ!^^
[ 2006/07/08 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/216-82ce1b38





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。