PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再現

記憶の総体
-東三国-

木・金の撮影がドタキャン。
延期であって、中止ではないことを願う。
フィルムで撮っていた頃、特に夏場は、休み明けまで現像ができないことに、若干の不安を持っていた。
フィルムは生もの、潜像が高温多湿で変質しない保証がない。ポジフィルムは、そのフィルムそのものが商品だし、たとえどんなことが起きても、言い訳は通用しない。結果的には、その厳しさが、優柔不断で自信の持てない僕に、決断力を与え鍛えてくれたのだと思う。
デジタルの場合、バックアップさえしてしまえば、夏でも冬でも野宿でも不安は残らない。99.9% RAWだから、露出に間違いさえなければ、記憶を総動員して「あったはず」の画像を再現する。仕事の場合はさらに、「あるべき」画像へとレタッチすることになる。やり過ぎぬよう、細心の注意を払いながら。

あちこちのブログで紹介されているように、8月8日の大阪の夕焼けは凄まじい色になった。調べてみると、昨年9月24日にも似たような夕焼けが起きたが、今回ほどの長時間に渡るスペクタクルではなかったように記憶する。ここまでくると、ホワイトバランスを採ることが、ナンセンスにさえ思える。


[ 2006/08/13 02:36 ] | TB(0) | CM(2)

8月8日っていうと、台風が来ていた日ですね。
ちらっとビルの谷間から何時もと違った空の色だなーと思いましたが、屋上に駆け上がって眺めるくらいの瞬発力が必要だなー。
[ 2006/08/13 15:01 ] [ 編集 ]

こうなる30分前まで河川敷にいて、さんざん雲を撮って、橋の上で沈む間際の太陽を撮り、大阪市側に下りてきたら風景がオレンジに染まり、マンションのエレベーターから出たら、こんな空になってました。
河べりにあと30分いたら、ケタ違いの風景が撮れたかも知れません…(泣
じっと、動かない忍耐力も必要ですね~。
[ 2006/08/13 20:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/238-27f68a4c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。