PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これでいいかなぁ

街灯
-十八条/淀川区-

朝日朝刊掲載のEOS Kiss Digital Xの見開き広告を見て、目が覚めた。
既存のNと同じタレント?たちは、まだ、飽きられたりしていない!?
デジタルカメラの商品寿命より、タレントの寿命が長いのは、いいこと?わるいこと?
いずれにせよ、朝の新聞に衝撃のビジュアルと、必要十分な商品説明。
キャノンユーザーとしては、Kiss D Xでいいかな、と思ってしまう。
小型で安価で高性能な10メガピクセル機として、ソニーのα100と人気を2分していくことになるのだろう。
ニコンD80はキムタク起用。撮ることより磨くことが好きそうな、おタッキーな感じを受ける。これは、LUMIXが採るべき方向ではないか?
LUMIX DMC L1については、何故、レンジファインダーではなく一眼レフなのか?という疑問が、だんだん大きくなってきた。

モノクロが続いたので、気分転換?に、ちょっとドギツメのカラー。

[ 2006/09/09 02:46 ] カメラ | TB(0) | CM(2)

お久し振りです

タレントの寿命が長いのではなく、カメラのモデルチェンジが早すぎますね。
でも、Kiss DNは2005年3月の発売ですから、他のメーカーに比べれば、キャノンは良心的かもしれません。

また、Kiss DXも独走でしょうね。トータルバランス抜群です。
[ 2006/09/15 22:14 ] [ 編集 ]

「新製品」じゃないと売れない「神話」の国。
「新しい」とか「画素数」とか、ほんとうは価値ではないものに、価値を求めようとしているような…。
金属ボディのKiss Dなら、ぜったい買います(^^
[ 2006/09/17 03:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/253-b5e59ab1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。