PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KODAK

氷雨



噂にはなっていたが、あのコダックがついに破産。
デジタルカメラを発明しておきながら、フィルムにしがみつく守旧派の力が強かったのか、新聞報道はのきなみ「時代に乗り遅れ」。
ラボの関係でいち早くフジのRDPに乗り換えたが、モノクロはやはりコダックのフィルムが一枚も二枚も上だったと思うし、モノクロプリントが必要な仕事はPXかT-Maxを使っていた。
元来天の邪鬼だから、周囲がトライXで高温現像していた学生時代、プラスXの超微粒子現像にこだわっていた。ベースの透明感が心地よかった。
今、PhotoshopのPlug-Inでするモノクロ化もNik Silver Efexで「PX」を選ぶのがしっくりくることが多い。
森山大道は「Tri-Xがある限り…」と言っているし、GRDもありかも知れないが、この先も、森山大道トーンが続いてほしいと思っている。安直なカメラが吐き出した「ハイコントラストモノクロ」なんていらない。



[ 2012/01/21 02:51 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/471-189cb7c5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。