PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大好き

miss you!



この写真を撮った1時間後に逝ってしまうなんて…

早朝出勤だった朝、コーヒーを淹れてる足下にちょこんと座って、「ちょっと回復したのかな」なんて、ニマニマしながら気楽に新幹線で取材に出かけた。
意外な雪の新大阪から、「帰ったらまずミルクをやろう」と、その通りにしたが、2ccぐらいで拒否した。
相変わらず鼻は半分詰まったままで、呼吸が少し早い。
朝の元気を見て、「少し早めに薬を飲ませたら、少しは食べ物が入るだろう」かと思っていたが、激しく拒否。指を噛まれながらなんとか小さな1錠の薬。
前日まで、薬を飲んだ1時間半後辺りから少し楽になるように見えていたが、2時間あまり経っても様子は変わらない。
10時半頃、自力でコタツから出てトイレを済ませたのを見て、夜更けにはまた少しだけでも食べてくれると思った。
大好きだったはずの膝の上に連れてきたり、そんな写真を撮ったりしていたが、痛みや苦しみはすでに限界に達しているよう。日付が変わった頃、お気に入りの爪研ぎの下へ。台座に置いてあったお気に入りのおもちゃたちに鼻先をこすりつけて、「またいっしょに遊びたいよぉー」と言ってるようだ。
「キリコー」の声に反応するように、瞬間眼を大きく開けて午前1時数分前頃、息をひきとってしまった。

「保護」したはずなのに、逆にこの子の苦しみを増してしまったのかもしれない。

気丈で奇麗好きで、とても賢い子でした。


[ 2012/02/04 02:15 ] | TB(0) | CM(3)

「苦しみを増してしまった」なんて、絶対にそんなことはないですよ。
EMTAKEさんが「保護」してあげなかったら、キリコちゃんはもっと辛い思いをしていたはずです。
短い期間であったかもしれませんが、家猫として幸せで楽しい日々を送れたんです。
「ありがとう」と言ってくれていますよ。
[ 2012/02/04 16:44 ] [ 編集 ]

連れて帰ってきて3ヶ月足らず。
その間、手術も含めて病院通いと薬ばっかり。
元気に走り回っていたのは40日間ほど。
悲しい、悔しい、情けない…
もう少し知識があったら…
色んな想いが駆け巡ります。
[ 2012/02/05 16:53 ] [ 編集 ]

キリコちゃん・・・無念です。二人の精一杯の愛情をもらっても、命尽きるやなんて。
やりきれない、後悔ばかりの日々やと思いますが、彼女は幸せでしたよ。その最後の甘えは、ありがとうの表現でしょう。
二人にとっては僅かな時間でも、キリコちゃんにとっては大切な中身の濃い一分一秒の積み重ねやったと思います。ここにいなければ、もっと早く命は費えてたでしょう。それでもなお、もっと長く生きて欲しかったと思う気持ちはわかりますが、どうかお気を落としなく。ご冥福をお祈りします。
[ 2012/02/06 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/472-4afa920b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。