PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

流石

角のタバコ屋



梅田のニコンサロンで開かれている高梨豊“IN”を見る。
路線バス、列車の車窓から、散歩中の等身大の目に飛び込んでくる都市の風景。
偶然と思惑が絡まり合い、軽さと深さが混ざり合う。
「都市」へのアプローチの方法は、以前の『囲市(かこいまち)』と同様ということで“IN”なのだろうか。どうということのない都市風景の中の一瞬のキラメキを捕える能力は、さすが。

土門拳賞って、文化勲章みたいなもん???

写真展タイトルをいま一度確認してみたら、“IN”ではなく“IN'”である。
' ”をingと解すると移動「中」にはまる。ちょっと意味は変わってくるが、“囲市”を包摂したりされたりする静止した風景だとすれば、こちらは、運動する側からの視線として、対をなす写真群と読むことができる。
言葉を大事にする人なので、“ ' ”に深い意味があるのだと思う。
軽卒を反省。
5.27午後、加筆。


[ 2012/05/27 03:48 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/489-35b2f0f1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。