PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽しいキャノン!?

Melt


かねてから噂になっていたキャノンEOS5Dの発売がアナウンスされたのは、先月23日。
同時発表のEOS1D Mark2Nが9月下旬発売で、5Dの方は、10月上旬発売とされていたのだが、昨日になって、同時発表されたレンズやストロボも含めて、一斉に9月28日発売という発表があった。
35mmフルサイズCMOS搭載のEOS5Dは、プロ・アマ問わず、首を長くしていた人も多い。コダックやコンタックスの撤退があって、現行機種ではEOS1Ds系が、唯一のフルサイズ対応だが、うっかり手を出せる価格ではなかった。作品=道楽ならまだしも、お仕事カメラとしては、いかに高性能であっても、回転の早いデジタル機器では、回収が覚束ないという理由で購入を控えるプロは多い。私もその一人。
発表前から大きな注目を集め、発売までに時間をかけることは、特に今の日本では、お利口さんのやることではない。と思ってたら、今回の発売前倒しだ。ライバル会社との差を一気に広げる可能性があると同時に、いよいよ、ニコンからも出てくるのか?という推測もできる。
デジタル・コンパクト市場が停滞する中で、デジタル一眼レフは、コレカラ、である。キャノン以外のメーカーからは、1種類のサイズの受光素子しか出ていない(その方が、一般消費者には分かり易い)が、キャノンだけは、これからも3種類のサイズを出し続けることがはっきり見えた。
ニコンレンズを使用する、ニコン・コダック・フジのボディを揃えて、「交換ボディ」という考え方の人もいるが、1本のレンズで3種類の画角を楽しめるキャノン、というのも、逆の意味で面白いかも知れないなぁ。
[ 2005/09/13 02:01 ] カメラ | TB(0) | CM(6)

一眼デジカメ

 譲ってもらった10Dを持って出歩く機会がなかなか訪れません。
久々の一眼は、かつてのF-1+望遠ズーム+モードラのフル装備、もしくはマミヤの6X7に匹敵する重量感で、自らの老いを認識せざるを得ませんね。
それでもお外でパシャパシャと撮り歩く日を夢見ながら夜な夜な部屋で縦位置で構えたりしておるわけです。

ところで世の中はすでに2世代後継機種で盛り上がっているようで、ケイタイ並みにモデルチェンジするカメラの時代に、プロでなくて良かったなと思ったりもします。
さて、どっちが良いのやら。

来週の始めには久しぶりに仕事で都会に出かけるので、肩にぶら下げて出かけられるかも…

[ 2005/09/15 18:15 ] [ 編集 ]

一転してソフトコメント。

ブログってさあ、未だにその意義に不確定要素があるっていう感じなんだけどさ。例えば、自転車の写真に色々触発されて書いたら応信があるでしょ。で、再応信したいけれど、この写真についても巡りたいと思うんだけど、べージが変わっているし、デジタル一眼レフの話題になってるし、どうしたらいいんだろ。
美術館で一枚見ながらあれこれ思いつつ、隣の絵に移動しながらも思いを繋げたい、そういう、旧掲を見渡せてしかも交信できるような、そういう作りって可能なのかな。まあ、とりあえずそういう前提で。
「鉄の意志」を「歓迎」する国民性の話だけど、結局「民意」などがまったく反映されていないということは、数字的に明白になったにもかかわらず、小泉続投でしょ。「議会制民主主義」すら確立していない状況だわな。己の「民意」を選挙で反映させようとか思わなくなってしまってる自分。マスコミのいかがわしい事前調査とか、様々なロビー系が結果を左右させていることも感じられるし、いよいよジワジワと「統制」が本格化しているわけで、嫌だな。で、この写真の面白さは、リアリティーとデフォルメの面積比であり、しかしその実体が実は同一の視角の中に比定されていることであり、これらが語る饒舌な「風景」に対する批判が面白いのだな。
9/20から東寺で「縁起マンダラ」展。鈴鹿芳康の壮大な連鎖ポラマンダラと映像。ヒマなら見てね。2ヶ月もやってるから。
Digital Seedのリンクも貼ってくださいね。9/17京都新聞社会面に広告も出ます。
チラシは明日完成予定。じゃあ。
[ 2005/09/15 19:16 ] [ 編集 ]

blogもそうだけど

新型のカメラがどうこうって話題には入れないなあと思い、様子眺めを決め込んでましたが・・・

A.Sakurai氏コメントの
>旧掲を見渡せてしかも交信できるような、そういう作りって可能なのかな。

これって、私も気になってることなんです。
そういうのがあって、古い記事にコメントするべきか、とりあえず、最新のほうにコメントして、「前回の話題ですが~」と実は自分がレスつけたい話題を引っ張り出すべきなのか、けっこう迷う。

スレッド別掲示板では、けっこう何度も古いスレの掘り起こしをやっちゃう方なんですが、blogはどうも、「最新」に気配りしちゃうんです。
いらん気遣いかなあ。
[ 2005/09/15 22:46 ] [ 編集 ]

同じく

>旧掲を見渡せてしかも交信できるような、そういう作りって可能なのかな。

>これって、私も気になってることなんです。
>そういうのがあって、古い記事にコメントするべきか、…、けっこう迷う。

今まで、他のブログを見てきて、私もそれは感じてました。その辺りをうまい具合にHPと連動できれば、また違った展開が見えてくるのかも知れません。が、相当な時間がかかるだろうし、仕事しながらじゃ、ちょっと竦んでしまいますね。
とりあえず、"Recent Coments"の項目を増やして、そこで分かるようにするぐらいしか、今んとこは対応できませんが、「蒸返し」もよろしくお願いします。
[ 2005/09/16 03:17 ] [ 編集 ]

偶発と恣意

とりあえず、結構どきっとした最新掲載の写真を、別のwindowで出しながら書いています。この首のでき過ぎの目線角度から考えると仕込みかなぁと思われるんだけど、こういうシテュエーションが偶然あり得るほうが断然面白いよね。向こうの視野が遮断されてるのも不安感が増していいね。

そうそう、撮影用のキューブは、RIXとかいうメーカーみたい。今からJ&Pに行って見てきます。
[ 2005/09/23 11:45 ] [ 編集 ]

point

この場所はとても面白くて、月に1~2度通りますが、「落ちてるもの」が色々変ります。
3匹の猫と共に野営するおじさんだけが、ずっと健在です。
[ 2005/09/24 04:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/5-99ae7807





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。