PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7代目アコードワゴン

熊川宿
−鯖街道/熊川宿



知人F氏がFacebook上で、「エアロデッキ、カーセンサーにありましたよ」とコメントをくれたことが切っ掛けで、総額50〜60万で中古車を検索。レンタカーで使ったカローラ・フィールダーより若干でも広く維持費が安かったら、がベスト。
最終的に、ホンダのエアウェイヴ、おさえ?にストリームとフィットということで、スペック等々から検討。探しているうちに、大きくて不人気なのか、少ないながら格上のアコードワゴンが割安な感じがしてきた。
2002年にフルチェンジした7代目アコードのワゴンは、発表当時、これなら乗り換えてもいいな、と思ったクルマ。カー・オヴ・ザ・イヤーは穫ったけれど、何故か売れなかったらしいが…。

結局は、実車を見ずに、ネット上で見つけた唯一のガングレー(ちょうどホンダの認定車)に決定。
試運転をかねて、福井方面を約500km走行。後ろが長いのでちょっと気を遣うが、疲れないクルマだ。どこまででも走れそう。ボディの立付けも上質、エンジンの吹き上がりは勿論上々、あっという間に6,000回転を越えそうになる。高速道でのスピードには要注意。

大きなボディになった分、通常の撮影機材を載せても、後部座席に一人か二人は乗れますので、これまで以上にご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


[ 2012/08/05 02:41 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/501-7e8affc0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。