PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Snow Leopard

猛暑日
−呼んでも起きてくれない−


新OS“Mavericks”発表の翌日、遅ればせながらMountain Lionをインストール。
古いアプリケーションのうちのいくつかが動かなくなることへの覚悟と準備を断続的にしてきた。
Apple Worksで作成したファイルは、テキスト形式やiWorksへ。イラレの書類はPDFへ。etc.。
Mountain Lionへの移行の最大の動機は、メインで使っているAdobe Photoshop Lightroomの新バージョンの動作環境が「OSX10.7」以降になったこと。

Adobe Photoshop Lightroom 3の頃から、Photoshopを使う機会が激減した。ほとんどの作業はLightroomで完結できるようになった。年に1〜2度しか使わない古い古いイラレより、Lightroom 5を優先することにした。
結果、古い古いイラレとGoliveが使えなくなった。何かよい代替アプリは…?

Mountain Lion移行2日目。
想定外のトラブルには見舞われていないが、「カレンダー」の情報がすべてなくなった。
今月はまだ、写真展以外のことはほとんどしていないので、とっとと諦めよう。

それにしてもMountain LionのUI、あまりにiPad風で、奇麗じゃなくなった。
「カレンダー」や「連絡先」は最悪。「ファインダー」のフォントも太くなって無様。
そのうちに慣れるのかもしれないが、互換性に問題が起きないようならば、今度はさっさと“Mavericks”に移行しよう。

などと暢気にしていたら、プリントできないことが発覚。
プリンタドライバーを入れ替えたり、PRAMクリアーからMountain Lionの再インストールも試みたが、ことごとく失敗。プリンタに接触した瞬間に、落ちる。まさか、対応ドライバーがあるのに古い型式のプリンターはサポート外!?

プリントアウトを急ぐ案件を抱えてもいるし、Lightroom 5は、思ったほど進化してないし、無粋なファインダーフォントやアイコンにも嫌気がさして、延べ2日間のMountain Lionテスト?は終了。猛暑の中で、ユキヒョウにもどす。

“Mavericks”が、PX5500と仲良くしてくれることを期待しよう。


[ 2013/06/15 04:18 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/531-513a37a5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。