PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドビュッシー

高島沖



山岡先生の訃報を聞いてから毎日、ドビュッシーを聞いている。
牧神〜映像〜海etc.。

以前はもっぱらブラームスやモーツァルトというドイツ音楽に傾倒されており、殊に、モーツァルトのバイオリン協奏曲が大のお気に入り。御自身の個展のタイトル「Concert in blue」も、モーツァルトにインスパイアーされたものだ。

それが、3年ほど前から突然、フランスに行きたい、などと言われ始め、冗談だと思っていたのだが、ここ1年ほどは、「芸術はフランスや!」と何度も聞かされた。

ドビュッシーやフォーレに魅了され、アンセル・アダムズが、アジェやブレッソンに変わった。
もう少し早ければ、ディアドルフとライカ(ドイツですが、あくまで、ブレッソンのライカ)の交響的映像を見せて頂けたかも知れない。ただ、若い頃はライカにだけは興味がなかったそうだ。

因に、奈良原一高の『消滅した時間』は、最期まで、いの一番のお気に入りだった。



[ 2013/11/27 01:56 ] 追悼 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/551-3e374ed0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。