PageTop








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明室

red


10月のアップル“Aperture”に続いて、ベータ版だがアドビ“Lightroom”が発表された。(Mac版のみ、ダウンロード可能)
既存のレタッチソフトや画像ビュワー、データベースは、「フォトグラファーのための」とは言えないモノばかりだった。けっこう便利だった“iPhoto”は、登録したファイル数が増えると、どんどん動かなくなるのと、起動ボリュームに元データのコピーを抱えなければならず、ディスクスペースをどんどん侵食するので、最近は、新規ファイルを登録せず、日ごとに分けて保存している外部HD内のフォルダを一つずつ、EOS付属のソフトで見ている。
アップル“Aperture”は、見た瞬間に使ってみたいと思ったが、僕のかなり古い部類のG4には、インストールさえできないほど、ハイスペックのMacを必要とする。おまけに、5万円もする。
アドビ“Lightroom”は、まだ‘Public Beta 1’ということで、この先、どういう風に製品化されるかは未知数のところもあるが、古いG4でもスルスル気持ちよく動く。その上、外部ドライブに保存したファイルでも、そのまま使えそうだ。英語版だし、Read Meも英語なので(アドビジャパンのサイトには、何も出ていない)、詳細はほとんど分からないが、アドビCS2のPhotoshop+Bridgeに含まれる余分な機能をそぎ落として、「フォトグラファーのための」環境として、期待は膨らむ。
発売時には、“Capture 1”なみのRAW現像ができるようになっていて欲しい。
Photoshop+Macを「明るい暗室」と思って使い続けてきたが、いよいよ正真正銘、写真は「明室」で作業することになりそうだ。

[ 2006/01/14 04:15 ] | TB(0) | CM(4)

こんちわ

ご無沙汰の電話ついでに寄りました
ここは元気な写真が続いているのが嬉しいです。
こっちは腕と頭がしばらく休憩中のようで
あまり心地よく写りません。
風景があんまり走って来ないのは
こっちが眠っているからか、要らないからか…
[ 2006/01/14 23:55 ] [ 編集 ]

WindowsにはGoogleが開発したPicasa2をはじめとした、フリーで高機能なViewer&Editorが沢山ありますよ♪

参考までに、ちょっとご報告しておきますねっ☆
[ 2006/01/15 01:42 ] [ 編集 ]

久しぶりにお声が聞けて、…ってほどの声でもないにゃ(笑)
撮ってはいても一進一退で、どこに辿り着くのか判りません。纏めたいと思ってはいてもまとまらないのは、時間のせいだけでもなさそうです。
できるだけ、カメラを手に持って歩くことが、眠らないための唯一の方策でしょ。眠ったら、終わりよ…。
[ 2006/01/15 01:48 ] [ 編集 ]

>やしま犬さん

御報告、ありがとうございます(^_^)v
Windowsほどではありませんが、Macにもたくさんありますし、シェアウェアのGraphic Converterなんかはしょっちゅう使ってます。が、現時点では、Adobe Bridge+Photoshop CS2以上の使い勝手のものはないと思います。勿論、「慣れ」ということもありますけどね…。
[ 2006/01/15 02:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://empty86.blog23.fc2.com/tb.php/90-cd9dcd25





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。